本サイトに掲載されている指標についての説明です。
大体の指標の説明はDELTA等でも紹介されているので、ここではより感覚的に理解しやすいような説明を心がけ、指標の性質についても言及します。
Ctrl+F等で検索してご利用ください。

打率

 ヒットを打つ確率。総安打数÷打数。シーズンごとの相関はそこまで大きくなく、運の介入がそれなりにある。

BB%

 四球を選ぶ確率。四球数÷打席×100。打者の能力を色濃く反映し、再現性が高い。

K%

 三振する確率。三振数÷打席×100。四球同様、打者の能力を色濃く反映し、再現性が高い。

BB/K

 四球÷三振。上の2つで述べたように、再現性が高い。

本塁打率

 本塁打を1本打つまでにかかる打数。こちらも打者の能力を色濃く反映し、再現性が高い。
 四球、三振、本塁打は運の影響が非常に小さく、真の能力を表しやすいと言われる。

出塁率

 出塁する確率。(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)。

長打率

 打者の長打力(のようなもの)を示す。1打数当たり何塁打打てるか。塁打÷打数。

OPS

 打者の総合的な能力を示す。出塁率+長打率。長打をやや過大評価する計算式になっているが、計算式が比較的シンプルなためよく使われる。

ISO

 打者の長打力を示す。長打率-打率。打者の能力を色濃く反映し、再現性が高い。

長打確率

 安打における長打の割合。長打数÷総安打数。

BABIP

 本塁打を除く、前に飛んだ打球がヒットになる確率。(安打-本塁打)÷(打数-三振-本塁打+犠飛)。
 投手目線のBABIPはシーズンごとの相関が小さく、運の介入が大きい。野手目線のBABIPは投手まではなくとも、それなりに運の介入がある。

wOBA

 打者の総合的な能力を示す。
 凡退=0ポイント、四死球=0.7ポイント、単打=0.9ポイント、2塁打=1.3ポイント、3塁打=1.7ポイント、本塁打=2ポイントとして、1打席当たりの獲得ポイント数を示す。
 (0.7×四死球+0.9×単打+1.3×2塁打+1.7×3塁打+2×本塁打)÷(打数+四死球+犠飛)。
 馴染みが薄いかもしれないが、打撃能力を1つの数字で評価できる優秀な指標で、出塁率と同じスケールに合わせてある。
 ポイントの重みづけは回帰的に得られたもので、得点との結びつきの強さの比になっている。
 本来このポイントの大きさはリーグの得点環境によって変動する。が、大まかなスケールはそこまで変化せず、
 計算過程の複雑さがwOBAの普及を妨げている印象が個人的にあるため、本サイトでは敢えて簡単な定数を使用している。
 

wOBA+

 パークファクターを考慮したwOBA。本拠地球場が与えるwOBAへの影響を補正。
 

wRC+

 wOBA+と大小関係は変わらないが、数値のスケールが、平均的な選手のwOBA+を100としたときの指数で表されている。
 例えばwRC+が150なら、平均的な選手よりも1.5倍優れた打撃能力を持つ選手といえる。本サイトでは12球団の平均的な選手を100としている。
 

qWAR

 その選手がいるかいないかでどれだけチームの勝利数が変わるのかを示すWARを、簡易的に求めたもの。
 本来野手WARは打撃、走塁、守備能力を踏まえて算出されるが、個人では算出のしようがないので、走塁、守備能力を平均として、無理やり回帰的に算出している。
 ポジションによる補正もなし。